くま吉の あははぁ~! な気分

Yahoo!ブックマークに登録

とても静かにゆっくり飛ぶ。プロペラのないドローンが登場

2019年 04月 22日 19:38

Yahoo!映像トピックス

 

ネタりか

で見つけたコチラの映像。

 

とても静かにゆっくり飛ぶ。プロペラのないドローンが登場

 

 

自ら移動する現代版アドバルーンですね。

ドローンというと、小型のプロペラが「フィィィーーンン!!」とけっこうな騒音をたてながら高速回転しているイメージがありますよね。もしも、それが落っこちてこようものなら、鋭いプロペラで指が切られたり、髪の毛が巻き取られるんじゃないの? って不安がアタマをよぎります。

でも、ドコモが発表した羽根のないドローンなら安心できそうです。これは、超音波振動を活用して空中を移動する飛行船型ドローン。ヘリウムガスで飛ぶ風船なのです。

 

使用範囲は限られるけど

風船なので、利用は風のほぼない屋内に限られてしまいますが、イベントやライブ会場で人の上を飛んでも安全ですし、移動するアドバルーンとしての活用が期待できます。そして機体にはカメラも搭載できるので、空中からの警備や人流解析などにも向いているとのこと。

ついでにギンギラギンの風船にプロジェクターから映像を照射すれば、新たな空間演出を生み出すこともできます。

超音波振動モジュール

docomoによりますと、風船の横に付いた超音波振動モジュールは、空気ポンプとしても使えるとあります。おそらく少しくらいのガス漏れでも、これのおかげで一気にしぼんで墜落することはないのかな? と思います。

スペック

直径は最大約90cm、最大飛行速度は約20cm/秒、連続飛行時間は約1~2時間とのこと。高速移動ができない代わりに、プロペラのあるドローンより飛行時間が長いのはメリットですね。

ドコモいわく4月27日に幕張メッセで行われる「ニコニコ超会議2019」の「日本電信電話ミカカランド・NTT超未来研究所6」にて、実機がお目見えし、デモ体験ができるそうです。

今までありそうでなかったドローンかと思いますが、いずれアチコチのイベントでふよふよと浮かぶ姿が見られることでしょう。もしかしたら、従来のアドバルーンのように垂れ幕をブラ下げながら飛んだり、自らがプロジェクターを抱えて浮かんだりなんてこともできるかもしれませんね。

 

と書いてありました。

 

なんか未来な感じするよね~!

 

 

 

 

a_01.gif

 

banner_21.gif
人気ブログランキングへ

 

ブログ王ランキングに参加中!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメントを書く

ダイバーにも人気のサメの奇襲攻撃!

2019年 04月 12日 19:47

Yahoo!映像トピックス

 

ネタりか

で見つけたコチラの映像。

 

ダイバーにも人気のサメの奇襲攻撃!

歯がかすっただけで肉がズタズタに

誰だよサメかわいいとか言ったやつは?

 

 

近頃は若い女子が「サメかわい~(はぁと)」などと言って、サメのぬいぐるみを買うために行列を作ったり、サメの着ぐるみを着てサメの気分に浸ってみたりするほど、サメが人気らしい。でも本物のサメはやっぱりとっても怖いんだってことは知っておいた方がいいと思うんだ。 エジプトの海でダイビング中に、小型のサメに奇襲攻撃をされたダイバーの動画がこれだ。

 

 

アレクサンダーさんがエジプトの紅海でスキューバダイビングを楽しんでいた時のことだった。ここでは水深5メートルほどの浅い海でたくさんの魚たちや美しいサンゴを見ることができた。そこへ現れたのが人よりは小さい程度のサメ。このサメは和名をネムリブカ、英語ではホワイトチップシャークといい、ダイバーの手からエサをもらうほど人に懐くことで人気のサメだ。体長は大きくても2メートルほどで、水族館の大きな水槽でもよく飼育されているのを見ることができる。

 

 

サメはアレクサンダーさんたちのすぐ側を何度か通り過ぎ、危険はないように思われた。だが、垂れ下がったロープをつかんでボートに戻ろうとしたその時、サメがアレクサンダーさんの右太ももに噛み付いた。恐らくサメにとっては好奇心からちょっかいを出した程度のつもりだったのではなかろうか。攻撃はほんの一瞬で、アレクサンダーさんは衝撃は感じたが何が起こっているのか分からなかったという。しかし次の瞬間、強烈な痛みが襲ってきた。すぐにボートに上がって右脚を見てみると、太ももから膝にかけて、50針を縫う大きな傷が付いていた。

 

 

5mmほどの厚さがあるダイビング用のウェットスーツもカミソリのように鋭いサメの歯には用無し。アレクサンダーさんは「本当に一瞬の出来事で、ちょっと噛まれただけに見えるかもしれないが、私は運が良かった。水深30メートルで噛まれていたら助からなかっただろう」と事故を振り返りながらサメの恐ろしさを語った。

 

と書いてありました。

 

みなさん、

サメには注意ですよ!

楽しいからって見て見ぬふりはダメですよ~。

 

 

 

 

 

a_01.gif

 

banner_21.gif
人気ブログランキングへ

 

ブログ王ランキングに参加中!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメントを書く

何だこれは!世界のハイテク車椅子があまりも衝撃的過ぎると話題に!

2019年 03月 27日 19:16

Yahoo!映像トピックス

 

ネタりか

で見つけたコチラの映像。

 

何だこれは!世界のハイテク車椅子があまりも衝撃的過ぎると話題に!

 

 

街中で、段差や階段が乗り越えられない。外食ではテーブルの高さがあわない。バスに乗れない……。バリアフリー化が進んでいるとはいうものの、まだまだ車いす生活者にとって日本は快適とはいえません。しかし、そんな車いすの不便さを少し……いえ、かなり解消してくれそうな電動車いすがスイスで開発されました。

進化した車いす!

皆さんは車いすについてどんな風に考えていますか?
「いろいろ不便そうだな」とか「段差とか階段とか、自力で移動できないところがたくさんあって気の毒だな」などと感じたことはありませんか?

いま、その車いす自体がハイテクの力で猛烈な進化を遂げています!

この動画をご覧ください。スイス製の「Scewo」という電動車いすです。急な階段を昇り、道の段差を乗り越え、雪道もへっちゃら。人間が立ったくらいの高さまでリフティングもしてくれますし、バスのステップも乗り降り自由です。

 

と書いてありました。

 

こういう道具達はどんどん進化してもらいたいですね~。

 

 

 

 

a_01.gif

 

banner_21.gif
人気ブログランキングへ

 

ブログ王ランキングに参加中!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメントを書く

【XYZ】ローマの神秘性を映し出したトリップムービー

2019年 03月 23日 20:32

Yahoo!映像トピックス

 

ネタりか

で見つけたコチラの映像。

 

【XYZ】ローマの神秘性を映し出したトリップムービー

 

 

クリエイター集団「XYZ」がおくる、イタリア・ローマを映し出した新たなトリップムービー「This is…」が公開された。
イタリア・ローマ。XYZがこの地を舞台に贈るのは、2000年近くの長い年月を刻み続けたコロッセオ、多くの観光客が集まるトレヴィの泉、美しい芸術品を多数所蔵するヴァチカン美術館など、街の魅力を十二分に映し出したムービー。

鐘の音が響く街中では、美しい芸術だけでなく、社会是正に向けた若者たちのエネルギーさえも感じられる。

繊細な天井画や、長い時を刻んできた古代の遺跡が数多く残るこの街の魅力が神秘を感じさせる、アーティスティックな仕上がりとなっている。

 

と書いてありました。

 

当たり前なんだけど、

見ると行きたくなるよね~!

 

 

 

 

a_01.gif

 

banner_21.gif
人気ブログランキングへ

 

ブログ王ランキングに参加中!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメントを書く

フォードが”車線維持ベッド(Lane-Keeping Bed)”を発表

2019年 03月 07日 17:47

Yahoo!映像トピックス

 

ネタりか

で見つけたコチラの映像。

 

フォードが”車線維持ベッド(Lane-Keeping Bed)”を発表

 

 

2月12日、米自動車会社のフォードは、同社の車線維持支援システムを応用した“車線維持ベッド(Lane-Keeping Bed)”を発表しました。 1つのベッドを2人で共有する場合、睡眠スペースの奪い合いによる睡眠不足という問題が発生します。Better Sleep Councilが行った調査結果によれば、カップルや夫婦の25%は1人で寝た方が良く眠れるという結果が出ています。睡眠不足は、家庭、職場、道路における事故発生のリスクを高めることにもなります。

こうした問題の解決策の一つとして、フォードは快適な睡眠スペースを確保するために、同社の車線維持支援システムを応用した“車線維持ベッド”のプロトタイプを開発しました。 車線維持支援システムとは、道路上の標識などをモニターすることで、必要に応じてハンドルを動かし、ドライバーの運転する車が誤って車線からはみ出ることを防ぐ技術です。この技術を応用した“車線維持ベッド”は、自分の睡眠スペースからはみ出た人を圧力センサーで感知すると、ベルトコンベアが動いて、2人が快適に眠れるようスペースを調節します。 プロトタイプの発表ということで、正式な製品としての発売日や価格などについては不明です。

 

と書いてありました。

 

これは凄い!

かなり欲しいです~。

 

 

a_01.gif

 

banner_21.gif
人気ブログランキングへ

 

ブログ王ランキングに参加中!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメントを書く

カレンダー

<< 2019年04月 >>

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

フォーラム

MOBILE


dance.studio-proud.net

PageTop